ネオテクトは加齢臭に強い?

ネオテクトは加齢臭に強いという噂もあるなか、その真相はどうなのでしょうか?

 

 

ネオテクトは加齢臭に強いと言われている訳があります。

 

それは、加齢臭の繁殖を抑える効果があるからです。

 

 

加齢臭が出る原因

ところで加齢臭はどうして出るかご存知ですか?

 

加齢臭がにおう原因はノネナールといわれる物質が原因で臭うといわれているんです。

 

ノネナールは若いうちは発生しないそうですが、年を重ね免疫力も低下してくると出てくる物質で、平均すると40歳前後から臭ってくるそうです。

 

早ければ、20代後半から臭う人もいるといわれています。

 

 

 

そんな加齢臭は身体のどこから臭ってくるんでしょうか?

 

昔は加齢臭のことを親父臭(おやじしゅう)といわれていましたが、むかし父の枕を嗅ぐと臭っていたあの臭いが親父臭です。

 

油くさくて青臭いともいわれている加齢臭ですが、おもに頭部から出てくる可能性が高いといわれています。

 

 

枕がにおうのでも分かると思いますが、「頭の後ろ・首・耳の後ろ・胸・脇・背中」などの部分からノネナール物質が出るといわれています。

 

ノネナールは年を取ることで出てくるといわれている物質ですが、原因はパルミトオレイン酸という脂肪酸が過酸化脂質や常在菌などによって分解されることで発生する物質だそうです。

 

 

加齢臭を防ぐには

加齢臭は年を取ると出る可能性が高い物質です。

 

つまり、若いころと比べると体力が落ちてくる理由から出る可能性が高くなるようですが、身体から出てくるノネナールの繁殖を抑えることで加齢臭の臭いを防ぐことができるわけです。

 

 

加齢臭を防ぐには、毎日のこまめなお手入れが大事になってきます。

 

(洗い流す)
通常お風呂は夜入りますが、加齢臭がひどい人では朝になるともう臭っている人もいる人もいるほどです。なので、近年では朝シャワーを浴びる方が多いといわれるのもそういった理由があるからです。

 

使用するボディーソープには、皮脂を落とすのに強力なものを使用するようにします。

 

(こまめな加齢臭のお手入れ)
日中、臭ってくる部分のこまめなお手入れが必要です。ふき取りようのシートを用意して汗などをこまめにふき取るように心がけることが重要になります。

 

(衣類の清潔を保つ)
加齢臭を抑えるには、衣類の清潔さを保つ毎日のお洗濯は欠かせません。

 

加齢臭の臭う最大の原因は、衣類につくことによって臭ってきます。衣類を清潔に保っていると加齢臭の臭いの大部分は抑えられると思われます。

 

(デオドラント商品を使う)
手っ取り早く加齢臭を抑えるのであれば、即効性がある市販のデオドラント商品を試すのも良いと思います。

 

加齢臭を抑えるにはこのような方法がありますが、このような対策を日々実行するとなればなかなか大変な作業になってくると思います。

 

 

ですが、この対策の中でも日々容易に実行できるものといえば、やはりデオドラント商品を使うという方法でしょうか?

 

実はわたしも加齢臭が何年か前からひどくなり、もう早使っているデオドラント商品があります。

 

 

この商品、使いだした当初から加齢臭の臭いが完璧に抑えられているんです。

 

しかも、夜と朝とに2回ほど塗っていますが、1日中臭わないんです。

 

 

使っているデオドラント商品は「ネオテクト」といいます。

 

ネオテクトを使う前までは、もう何年にもなりますが、朝ぶろは欠かせない状況になっていました。

 

 

朝お風呂に入らなければ加齢臭が一日中臭っている状況なので、正直朝ぶろは欠かしたことはありませんでしたね。

 

朝ぶろに入るとなると、その分余計に早起きしなければなりませんから、毎日30分は早く起きていました。

 

つまり、会社の始まり時間が7:30分だとすると、逆算していくとこうなります。

 

始業時間は7:30分でも、出勤時間は約30分は早く出社しないといけないので、出社時間は7:00。

 

通勤時間に30分かかるので、30分引いた時間が6:30。

 

朝飯にかかる時間が15分として、6:15分。

 

お風呂と着替えと支度時間が40分として、5:35分。

 

 

つまり、会社の始業時間が7:30分の場合、5:35分にはもう起きなければならない状況だったんです。

 

でもこれも、わたしの通勤時間が30分の計算の場合です。

 

もし通勤時間が、1時間も2時間もかかっている人だったらと思うと、ぞっとしますよね(-_-;)

 

 

 

しかし、まだまだ会社の始まり時間は季節によっても変わってきます。

 

 

夏になれば、この時間からもう30分早くなる時間から会社は始まるようになります。

 

つまり、夏になれば5:35分ー30分=5:05分!

 

 

結局、夏場は会社が7:00から始まるので、その時間に合わせるとなると、起きる時間はなんと5:05分です。

 

夏場の5:05分は明るいからまだましですが、冬場の5:35分の外はまだ真っ暗です。

 

 

 

しかし、しかしですよ、毎日のこの悲惨な状況がネオテクトを使いだしてからは、一変しました!

 

つまり、約30ぐらいかかっていた朝ぶろの時間が短縮されたので、夏場は5:35分に起きれるようになり、冬場は6:05分に起きれるようになったんです^^

 

 

朝の忙しい時間帯の30分はとても貴重な時間です。

 

その貴重ともいえる時間を30分も短種できるなんて、ネオテクトさまさまとはこのことをいうのだなとつくづく最近そう実感しています。

 

 

 

ネオテクトの効果を毎日実際に体験中!

ネオテクトは毎日加齢臭に効果を発揮しています。

 

 

夜風呂に入って、身体全体をきれいにした後、「首筋・耳まわり・脇」などに塗っています。

 

朝になって脇などをかいでもネオテクトのおかげで臭いはしていませんが、用心に越したことはないので、朝もしっかりと「首筋・耳まわり・脇」に塗って出勤しています。

 

ネオテクトを塗っていない以前だったら、朝ぶろに入ってもひどいときは10時ごろになるともう臭っていました。

 

それくらいひどかった加齢臭が、ネオテクトを塗りだしてからは家に帰ってくるまで臭っていないのですから、驚きとしかいいようがありませんよね!

 

この先、もうネオテクトは手放せない貴重品となったアイテムです。

 

 

 

加齢臭に強いネオテクトの詳細はこちらから